小顔 2017-07-26T17:45:29+00:00

キュッと引き締まったフェイスラインは、年代を問わず、女性みんなの憧れです。
しかし、顔の部分痩せは体のダイエット以上に難しく、体重を落としても二重あごは残ったままで頬がこけてしまうなど、老化現象を加速させてしまう可能性があります。 輪郭が変わるだけで、お顔の印象は大きく変わります。顔太りは単に脂肪がついているというだけではなく、むくみや筋肉、たるみなど、さまざまなタイプに分けられます。
タイプに応じた治療で、本当の小顔美人を手に入れましょう。

顔太りの原因と治療方法

脂肪が原因

顔の骨の上には筋肉があり、その筋肉の上に脂肪があります。体重の増加や食べ過ぎなどで、脂肪がついてしまうことで、顔が大きく見えてしまいます。二重あごになりやすい特徴があるため、頬やあごについた脂肪を分解・燃焼して、除去する必要があります。

治療方法

ダイエット点滴 | 脂肪溶解注射

ウルトラアクセント

筋肉が原因

骨格ではなく、歯の噛みしめや、くいしばり、歯ぎしりなどにより咬筋が発達しエラが張っているような広い幅の顔に見えてしまう場合が多くあります。歯ぎしりや食いしばりを意識的にやめることはもちろん、筋肉の活動を抑えて痩せさせることで、小顔効果が得られます。

治療方法

ボトックス注入
ウルトラアクセント

たるみが原因

加齢によるたるみで、頬やフェイスラインの位置が下がった状態です。たるみを解消することで、若々しいすっきり小顔を手に入れることができます。

治療方法

エンディメッド
ウルトラアクセント
ボトックス注入