血液オゾンセラピー

ホーム/美容医療機器/血液オゾンセラピー
血液オゾンセラピー 2017-08-23T13:26:47+00:00

採取した血液をオゾンで洗浄することでサラサラ血に

血液オゾンセラピーは、ドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄することでサラサラの血液にします。医療用のオゾンガスを使い、血液に少量の酸化ストレスを与えることで、身体が本来持つ抗酸化力を高める酸化療法です。

具体的には、身体の隅々まで酸素が行き渡るようになることで血行がよくなり、免疫力が高まるうえ、抗酸化力がアップ。細胞が元気になることで、身体がたくさんのエネルギーを作れるようになります。これにより、自然治癒力の向上/血液の浄化と活性化/細胞レベルの活性化/若さと健康の向上と維持/病気予防と病気治癒が期待できます。

治療の流れとしては①専用ビンに血液を100ml〜250ml採取 ②採取した血液に医療用のオゾンガスを注入 ③専用ガラス容器内でオゾンガスを溶解 ④オゾン化血液を点滴で体内に戻す というステップを踏み、所要時間は30分程度と短い時間で施術を受けることができます。

血液内にオゾンを入れる点に不安を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、血液イオンセラピーはヨーロッパですでに30〜40年の歴史があり、一般的な治療方法のひとつ。副作用はほとんどありません。

また、オゾンは酸化力が強いため、「体内自体が酸化してしまい身体に悪いのでは?」という点もご心配いりません。確かにオゾンの酸化力は強いですが、採取した血液にオゾンを反応させた時点で血液中のオゾンは消失し、酸化生成物と酸素が生じています。その状態で身体に戻すため体内にはオゾンは入りません。このとき生じた酸化生成物が身体の細胞を活性化するのです。

効果は最初は1週間程度ですが、施術を重ねることで2週間、3週間、1ヶ月、2ヶ月と長時間持続していくようになります。疲労回復にも大きな効果を持つため、アンチエイジングを希望される方だけでなく幅広い方に利用いただけます。